葡話§ワインがわからない

いや、他の酒だって味の良し悪しがわかっているわけではないのだ。
だが特にワインはわからない。

まあ、白ワインだったら甘いのはだめでキリっとしたやつだったら、
何の不満もなくグビグビしちゃう。だが、赤ワインが問題で、これは
ほとんどお手上げである。

呑むとしたら、せいぜい2000円に満たないのを適当にエイヤ!っと買
ってきて、赤であっても冷蔵庫で冷やしてしまう。それ以上に高い、
5000円を超えるようなワインなど、妙に渋みが勝っていたり、どよん
と重かったりと感じるのが関の山で、複雑に絡み合ったほつれた糸の
ような味わいなど感じる力などはない。

要するに、安い赤ワインだから冷蔵庫で冷やして惜し気もなく呑んで
しまうのだ。合わせる酒肴も特に様変わりすることもない。だから、
赤ワインに刺身や冷奴、枝豆といった我が家の定番で呑んでいる不埒
者なのである。

ビールや日本酒であったら“これ!”といったつまみの選択肢は持ち
合わせているけれど、ワインに関してはそんなものがない。ステーキ
みたいなのと一緒に赤ワインを呑んでもピンとくることはなく、気ま
まと言えば気まま。いい加減と言えばいい加減なのだ。

要するにワイン音痴なのである。

《酒のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック