ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー319号発売中!

<<   作成日時 : 2017/09/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー319号は9月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。シャーリーズ・セロンが表紙。

画像

表紙&スペシャルインタビュー シャーリーズ・セロン

リレーインタビュー 松田悠介(Teach For Japan創設者)

特集 笑う。

いつの時代も、どんな人も暮らしの中でストレスをためていて、笑うことでそれらを解放してきた。笑うことは感情を表に出して人々をリラックスさせ、自他が互いに理解しあえる場をつくってきたのではないだろうか。

「新潟お笑い集団NAMARA」は全国初の地方発信型のお笑いプロダクション。高齢者や障害者、摂食障害やうつなどの経験を持ち、自ら“こわれ者”と称する人たちも、表現者として舞台に立つ。

「劇団・笑劇派」(愛知)は、社会問題をテーマにした笑劇にも取り組み、地元密着ながら、北海道から沖縄までの公演をこなす。

落語家ダイアン吉日さん(大阪)は英国出身。英語落語の先駆者、桂枝雀の「お茶子」として落語と出合ってから19年。今や、世界中に落語で笑うことを広めている。

今、近隣社会に密着しながら国内や海外にも活動を広げる笑いのグループと落語家の、笑いを生む活動を紹介したい。


[WORLD STREET NEWS 世界短信]
米国の都市で進む「高級化」その帰結とは?

ベネズエラ、独裁政権に立ち向かう若者たち

ワンダフルライフ まちを歩き、昔と今の違いを想像して楽しむ
                            陸奥賢

被災地から 広島の原爆文学と福島の今

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
                150年前に解明されていたこと

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理
           片思い相手と会えなくなり、寂しくて悲しい
                   ☆かぼちゃと豚肉の煮物☆

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
                 貝殻の縞模様が語る地球の歴史
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
告話§ビッグイシュー319号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる