環話§禾乃登~七十二候~処暑

処暑の末候“禾乃登(こくものすなわちみのる)”である。

“禾”の音読みは“か”で、訓読みは“いね”と、そのものである。

言うまでもなく“のぎへん”としての役割も担っていて、稲をはじめ
として、稗、穂、さらには“穀”も、のぎへんの扱いなのだが、実は
そのことを知ったのは“のぎへん”について調べた、つい先刻のこと
で、知らないことはまだまだいくらでもあるとしみじみ。

このところの天候不順で、枝豆の味が落ちているということは何度か
書いたが、いよいよ刈り入れを前にした米の出来がどうであるか……
ちょっと心配である。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック