祝話§ロシア・ワールドカップ2018決定!

明日(日本時間は6日未明)行われるサウジアラビアとの最終戦を待つ
ことなく、8月31日に行われたオーストラリア戦を2対0で快勝し、
来年ロシアで行われるワールドカップ2018の出場が決まった。

テレビ中継で観ていたが、ゲーム全体はオーストラリアが押し気味で
進めていた……ボールの支配率も38対62で、引き気味の布陣から前線
にボールを供給してというゲームプランと思われたが、2010年や14年
のワールドカップを戦った選手たちとはまた違った動きだったと感じ
る。

現実的に過去2大会を戦った人間は三十代に入ったりして、明らかに
世代交代が必要とされていたが、ここ2年ほどはそれが噛み合わずに
もどかしい思いであったであろうことは明らかだろう。

だが、1点目のゴールを決めた浅野拓磨は22歳、後半2点目を豪快に
叩き込んだ井手口陽介は21歳で、そうした世代が台頭してきたことを
感じるが、そうしたことが継続されなくては意味がないのだ。

繰り返すが、2010年でグループリーグを突破した本田、香川は控えに
回り、岡崎は途中出場に留まった。サッカーという激しく消耗するス
ポーツは、悲しいかな三十代に入れば代表引退も遠くないのである。

オーストラリア・チームで日本キラーと言われた37歳のケーヒルも、
後半25分で登場したものの、持ち味を生かすことができないままに終
わってしまったが、それもまた象徴的なことかもしれない。

こうして出場が決まった今、求められるのは、過去2回突破したグル
ープリーグを勝ち抜くのはもちろんのことだが、その先いまだ突破で
きないベスト16を何とかして勝ち抜いてほしいと希望するのだ。

《サッカーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック