仕話§こんな店は再訪しません

それは、2軒とも蕎麦屋だった……しかも地元である。

地元とはいっても一軒は歩いて40分以上、もう一軒も20分はかかる。
どちらも一応はうまいと評判なようで、それなら通えるかなと出かけ
てみたのだ。

蕎麦はそれほど悪くはなかったが、それ以外の要素で再訪しようとは
思わなかったが、それには些細かも知れないが大きな理由があった。

店に入って席に着いて周りを見回すと、食べ終わって勘定を済ませ、
立ち去った後のテーブルにいつまでも食器類が片づけられないままに
放置されていたのである。

もちろん店員はいて、その状況を見ているはずなのに一向に片づける
気配がない。人手が足りないとか、そんな理由でもなさそうなのだ。

大学時代にカフェでアルバイトをした時、特に混雑する時間帯では、
注文取りとコーヒーなどを出す人間と、テーブルに残された食器類を
片づける人間とに分けてオペレーションしたことがあった。どっちつ
かずにならず、うまくいったという記憶がある。

素人だって、それくらいのことは思いつくわけだから、ちょっとでも
考えて、注文された食事を出して厨房に戻るタイミングでテーブルの
食器類を片づけることくらいは造作のないことではなかろうか。

客の中には、片づかないテーブルにいらつかない人だっているだろう
が、店側の姿勢として最低限済んでいる食器は速やかに片づけること
を肝に銘じるべきなのだ。

《蕎麦のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック