環話§霎時施~七十二候~霜降

霜降の次候“霎時施(こさめときどきふる)”である。

この候で10月が終わる。

そして、気温もずいぶんと下がってきた。11月にはストーブを出した
り、羽毛掛布団を出したりして冬近しを実感することになるだろう。

10月第三週は晩秋の長雨の日々となり、同居人は洗濯の算段に頭を悩
ませることになったが、ここまで洗濯物を乾かすことに苦労したこと
があっただろうかと思わせるほどに不純な天候が続いてしまった。

今年は特に夏以降の天候が不順で、外出するのが億劫になりかかりも
しそうになったが、まあ……何くれとなく外出はしている。おかげで
このところの交通費の出費が突出して、あっという間に回数券を使い
切っている。10枚の回数券で1枚のおまけで、節約はしているけれど
このところ焼け石に水状態である。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック