豚話§ドイツあたりでとんかつは・・・・・・

ドイツやオーストリアの一般的な料理にウィンナ・シュニッツェルが
ある。豚肉や仔牛肉を薄く叩き伸ばしてパン粉をつけ、少なめの油で
揚げ焼きするのだ。

日本の“紙カツ”と呼ばれるメニューに近いが、シュニッツェルはと
んかつとはほど遠い食べ物で、旅行中に一回は注文して食べることに
なるが、塩&胡椒をかけたり、レモンを絞ったり、試したことはない
が、ラズベリージャムをのせてという食べ方に違和感を感じるのだ。

とんかつ文化の日本人としては、たっぷりのとんかつソースに和辛子
で、そこにキャベツの千切りが山盛りになっているほうが、明らかに
食欲をそそられることになる。

そんな日本人に愛されているとんかつに代表されているとんかつだが
欧米の人たちにも食べてもらいたいと切に願っていて、さて彼らの口
に合ってくれるものかと思う。

何より、肉の厚みがボリュームを感じさせてくれて、気に入ってくれ
そうな気がしてならない。その他、メンチカツやコロッケなどなど、
揚げ物全般が受け容れられるのではないかと期待しているのである。

ことさら日本食と銘打たずとも、パワフルな揚げ物として広報活動を
積極的に展開すれば、いずれは花開く時が来るのではないだろうかと
期待しているが、それだけの可能性を秘めている料理だと考えたい。

《B級グルメのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック