環話§楓蔦黄~七十二候~霜降

霜降の末候“楓蔦黄(もみじつたきばむ)”である。

次の節気は立冬である。言葉のとおり“冬が立つ”ということだ。

我が家の周囲は、すっかり晩秋の木々の葉の色に変わっていて、それ
もじきに落ちて裸木が徐々に増えていくことだろう。

10月下旬は衆議院議員選挙に続いて台風21号“ラン”が襲来したりと
波乱の10日間となった。

この先、日本がどうなっていくのか……少なくとも、ことあるごとに
国難と呼ばわるような人間の言うとおりにはさせはしないと思う。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック