週話§日曜片々~酉の市とか恵比寿講~

浅草の鷲神社や新宿の花園神社の酉の市がたけなわである。今年は、
30日ぎりぎりで三の酉が滑り込んで、火事が多い冬となるはずだが。
そして昨日は二の酉だった。

そういえば19日と20日の2日間、我が生まれ故郷の神社では恵比寿講
が行われている。表通りから神社まで200mほどの通りの両側には様々
な屋台が立ち並び、さらに神社が近づくと、縁起物飾りの屋台賑やか
に客を呼び込んでいた。

かつて住んでいた頃は、ちょうど冬の訪れと重なっていて、参拝者は
冬物を羽織り始める時期でもあった。それゆえに、人波の中にいると
防虫剤として使われていた樟脳(しょうのう)の匂いが漂ってくる……
それが恵比寿講の思い出として残っている。

記憶には様々な形態があって、その中でも嗅覚の記憶は特別なものに
限られているだけに、より強烈に呼び覚まされるのだ。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック