週話§日曜片々~鍋の日々~

鍋の季節になった……もうとっくに始めてはいるけれど。

週3日のお休肝日以外は、毎日が鍋だってかまわないくらいである。
そもそも鍋で温かくしてやれば、何だって鍋である。最近は豆乳鍋、
キムチチゲといったあたりがもっぱらの御贔屓だが、その味の濃さが
酒もご飯も進ませてくれるのだ。

言わずもがなのことながら野菜類もたっぷり煮込んであるし、肉類も
入ってはいるが、それよりも豆腐や油揚げのような植物性蛋白質を多
めに食べている。

そして、実は危険なことだけれど、それらを小碗に取り分けた上から
……天かすをのっけてやるのだ。油まみれの小麦粉の残り物が出汁を
吸い込んでうまいの何の。横の同居人の視線が気にならないこともな
いが、これを食べずに鍋を語ることは不可能ではないか。

かくして最近は晩飯に三分の二ほどを食べ、残りは翌日の昼に残して
おき、ご飯の上からそいつをかけて何ちゃって雑炊となり、おかげで
ひと鍋作れば2食が賄えてしまうのである。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック