週話§土曜消息~そして大寒~

正月明けこのかた、最低気温が0度前後を記録している東京である。

年齢も年齢であると夫婦の意見が一致して、できるだけ居住空間を暖
かにしておこうと決めた。風呂場とそれに隣接する洗面所に、小さな
温風ヒーターを置いて、追い焚きを始める時から動かしているのだ。
そうすることでヒートショックを防ごうという心づもりなのだが。

高齢化が進行中の我が団地は、この年末年始の間に複数回にわたって
救急車が入ってきた。年々歳々それが常態化してきているのはやむを
得ないことだと思うしかない。

そうして昼になく夜になく、救急車のサイレンが近づいてくるのを聞
くと、それがいつ我が身に降りかかってくるとも限らず、心の準備は
できているだろうか……他人事ではないと考えるのである。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック