顧話§今日の歴史~赤穂事件は忠臣蔵~

1703年1月31日、赤穂浪士の吉良邸討ち入り。

江戸城内松の廊下で浅野内匠頭が、いわば“パワハラ”を受けていた
吉良上野介に対して刃傷沙汰をしたことで切腹。その“仇”を討たん
とした赤穂浪士47名が本所松坂町の吉良邸に討ち入ったのが元禄15年
12月15日、今の暦ではこの日となる。

歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』で忠臣蔵という名称の知名度は高いが、あ
くまでもフィクションの世界における呼称で、ノンフィクションでは
“赤穂事件”と呼ぶのだと知った。

赤穂の浪士が吉良を討ったことが“仇討ち”なのか“復讐”なのか、
そんな議論もあるようで、これについては結論が出ることはなさそう
である。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック