継話§鴻鴈北~七十二候~清明

清明の次候“鴻鴈北(こうがんかえる)”である。

すっかり桜は散ってしまって、既に葉桜の季節へと移りつつある。

あれほど“桜!桜!”と浮かれて人たちはどこに行ってしまったのだ
ろうか。それに……わざわざ桜の名所に繰り出すという、その意味が
いよいよ理解できないのだ。

そして言うまでもないが、そうした人たちは桜花にしか興味を持つ
ことなく、葉桜など見向きもしない。毎年毎年書いていることだが
桜が散った後に訪れる新緑の季節もまた、桜の候に負けず劣らずの
魅力を内包した季節なのである。

そんな新緑も6月には、しっかりした葉の色へと成長する。桜から
新緑の季節と、その先へと移ろう様子を愛でてこそではないか。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック