春話§冬の支度よさようなら

3月も下旬に入った頃から少しずつ、冬に使っていた衣類や寝具など
の片付けが始まった。

まだまだ気温の状況も予想できない移行期なので、徐々に徐々ではあ
るが、3月中にはさすがにウールのセーター類はクローゼットから姿
を消し、今年の秋まで衣類ケースの中に収められるのである。

なので、一気に半袖のポロシャツやTシャツでクローゼットの引き出
しが一杯になるわけではない。長袖のシャツも少しは残しておいて、
微妙に調節しているのだ。

そろそろ冬の外出に使っていた厚手の上着もクリーニングに出してや
らねばならないが、すべての入れ替えが済むまでには、何やかんやで
一か月以上は必要なのである。

3月末には、羽毛布団に別れを告げたが、全般として鈍感なゆえか、
気温が上がっているにもかかわらず掛け布団として使い続けた揚句、
同居人から「汗まみれで寝ているではないか!」とダメ出しをされ、
毛布を掛けて寝ることになったのは……3月28日のことだった。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック