週話§日曜消息~キーボードと向き合って~

ひょっとして……キーボードを叩くようになって50年が過ぎていた。
中学生の頃に、オリベッティのレッテラ32というタイプライターを父
親が買ってきてくれて、それで英文タイプを覚えたのだ。

長じて会社に入って数年したら、ワープロが導入されることになって
早速入力方法を覚えたが、富士通のオアシスというワープロは、親指
シフトという独自のキーボードが採用されていたので、最初は戸惑っ
たが、さほど時間を必要とせずに慣れたのは、英文タイプに親しんで
いたからだろうと思っている。

そんなワープロからパソコンに移行して、社員全員のデスクに置かれ
るようになったのは21世紀に入ったあたりのこと。

当然ながら英文キーボードでローマ字変換することになったが、これ
はもう悩むことなどはなかった。

それに加えて今は、ガラケーのメイル入力やタブレット端末の入力と
それぞれ違った方式だが、特に悩むことなくすんなりと受容してこな
している。六十代ともなれば、そもそもキーボードに向かう人の割合
が少なくなりそうに感じるが、半世紀前のタイプライターのおかげで
どうやら不便なことのない日常を過ごしているのだ。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック