ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 日話§陽焼けする人しない人

<<   作成日時 : 2018/04/24 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

体質が変わったからかどうかはわからないが、二十歳を過ぎた頃から
陽焼けをすると黒くはならず、赤くなってしまうばかりなのである。

小学生や中学生の夏休みは、せっせと学校のプールに通って、泳いだ
り甲羅干しをしては体を焼いていた。

今でこそ、陽焼けのし過ぎは体によくないという考えが定着している
が、数十年前は当時言うところの“黒んぼコンテスト”なる催しまで
行われていたりして、子供だけでなくこぞって陽焼けに精を出してい
た時代だったのだ。

体質が変わったからなのかどうか、大きな原因として考えられるのは
大学を卒業して就職したら、ほとんど会社の中でのデスクワーク中心
で、外に出ることなどはほとんどないままに夜を迎えて帰宅する……
太陽光線と無縁な生活を続けているうちに、気がついたら皮膚が柔に
なってしまっていたのではなかろうか。

少しくらいは陽に焼けて軽い小麦色くらいだったら、いかにも健康そ
うと見られるように考えてみないでもないが、そうした思い込みもま
た、旧来の発想ではないかと考えてしまう。

海外旅行先で、ドイツの人などがせっせと、厭うことなく太陽を浴び
ている光景は珍しくもないが、冬の間が厚い雲に覆われるような世界
にあっては、夏の間の太陽は貴重だということを痛感させられる。

《日常のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
日話§陽焼けする人しない人 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる