継話§蛙始鳴~七十二候~立夏

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。

夏が来た。何がうれしいかといえば、Tシャツやハーフパンツで日々
を過ごせることである。

会社時代でもスーツにネクタイで勤めることはなかったが、さすがに
Tシャツやハーフパンツで仕事をするわけにはいかなかった。ここに
きて、気楽な定年ライフの中、そんな姿でいられるのはありがたい。

我々の先輩諸氏にあっては、そんなカジュアルな姿でいることを潔し
としないのかどうか、律義なまでにジャケットに替えズボンや、時に
はネクタイまで締めてという外出着でおられたりする。そうなると、
我が身のどうでもいい姿が余計に際立ってしまって、うーむ……もう
少しカジュアルなお姿で過ごされてはいかがかと思ってしまうのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック