奇話§何がもう 何が何だか 訳和布

ツイッターを眺めていたらこんな呟きが目に入った。原文ママで……

数寄屋橋の交差点通りかかったら憲法記念日なので
この有様なのは理解できんだけども、
この街宣車を指差しながら
「サヨクはいつも、こうやって警察に迷惑をかける、
こいつらサヨクだ」
と叫んでる大学生みたいな二人連れがいて、
この国の前途をはかなんでしまった。


……一瞬、何が書かれているのかわからなくなって、もう一度読んで
さらに訳がわからなくなったのである。

今時の大学生には、右翼と左翼が何たるものか、そしてその違いを理
解していないと思しき人間が少なからずいることに愕然としたのだ。
しかも“警察に迷惑をかけるから左翼”とは何たる短絡であろうか。

おそらく、こうした発想が知らぬうちにはびこってしまって、正しい
知識を受け容れないままにここまで来てしまったということだろう。

そうした正しい知識まで歪められて受容されてしまっているとすれば
それ以外の知識だって、どれほど曲解されてしまってるものかと暗澹
たる気持ちになってしまうのだ。

たぶんおそらく、正しい右翼と左翼とはこれこれこうだと教える人が
いたとして、それを素直に理解して受け容れてくれるものかどうか、
それも怪しいような気がするのである。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック