顧話§今日の歴史~ボニー&クライド~

1934年5月23日、銀行強盗クライドとボニーが射殺される。

アメリカ映画『俺たちに明日はない(原題:Bonnie and Clyde)』を観
たのは中学生くらいの頃だった。

要するに“ワル”の男と女が、悪行の果てに警官の一斉発砲で絶命す
るという結末だったが、フェイ・ダナウェイのボニーとウォーレン・
ベイティのクライドの印象深い映像に、息を呑んで観たという記憶で
ある。

いわゆる“アメリカン・ニューシネマ”の先駆けということで、その
後『卒業』『明日に向かって撃て』『真夜中のカウボーイ』といった
1960年代終わりから70年代にかけて、せっせと映画館に通ったのだ。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック