街話§神保巷塵[50]東京で一番好きな場所

[承前]

今さらながら“東京で一番好きな場所”を挙げろと問われたら、一も
二もなく神保町!大きな声で答えるだろう。あたりまえである。

ビル街であることに変わりなけれど、だがどこかが違っているのだ。

例えば、大手町や日比谷のビジネス街で働くサラリーマンだったら、
仕事が終わって呑みに繰り出すのは新橋みたいなところだと思うが、
神保町勤めだったら、終業後も神保町の行きつけで気楽に1杯呑んで
という人も少なくないだろう……まさに職呑接近なのである。

つまり神保町とは、様々な業態によって構成された地域だったりする
わけで、出版社ばかりではなく、一般企業もあるし、言うまでもなく
古書店街だし、路地裏を伝っていけば飲食店のバリエーションも豊富
に揃っているから、この町の中だけで充足しちゃうのだ。

大手町や日比谷のすぐ隣という立地でありながら、人が人としての手
触りを感じることのできる稀有な町なのだと思う……かくして37年半
の間をそんな場所に身を置いていたのは何とも幸せなことだと、改め
て感謝したい。
                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック