報話§社会面から新聞を

新聞を読み始めたのは小学校5年生くらいだったかと記憶している。
その時から朝刊は社会面の方から読み進めていた。

当時読んでいたのは毎日新聞だったが、今はテレビ欄になっている最
終紙面は、その当時は地方版になっていて、自分にとっては身近な地
名などが登場していたので読み始めるにはよかったと思われるのだ。

それから社会面、スポーツ欄と流れていったが、小学生の身に経済、
政治といった最初のあたりをマメに読んでいたという記憶はない。

その癖は今でも――あまり熱心な読者とは言えない――続いていて、
社会面から第一面へと読んでいくのである。それはともかく、最近の
朝日新聞の紙面編成がよくわからない。けっこう前後が入れ替わるの
ではという印象である。特に影響を受けていると思われるのは都下版
で、生活欄とページが前後して戸惑うこともしばしばである。

やはり、紙面構成は一定であるべきだと思うのだが、どうして前後が
変わったりするのか……そのあたりの詳しい事情まではわからない。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック