顧話§今日の歴史~洗濯物を引っ掛けて~

1998年7月5日、啓徳空港が閉港。

啓徳(カイタック)空港は、かつて香港のメイン空港だった。1982年に
南周りのルフトハンザで行き帰りの二度だけ離着陸したことがある。



この映像を見ればわかるとおり、市街地に隣接して窮屈な立地なのだ
った。そうであるがゆえに、着陸が難しい空港の一つだと言われてい
て、実際に機窓から見ていると、高層アパートの洗濯物を引っ掛けて
いきそうだと感じた。

滑走路一本であるがゆえ、当然ながらキャパシティオーバーとなり、
半島からは離れた海上に新空港が建設され“香港アプローチ”と呼ば
れていた航路は消えてしまったのだ。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック