週話§土曜消息~巴里祭~

今日は1789年、パリの民衆が蜂起しバスティーユ監獄を襲撃した……
フランス革命である。イヴ・モンタンが歌うシャンソンに『À Paris
(パリで)』がある。



その中に“俺たちがバスティーユを占拠して以来、パリでは……”と
いう文句があって、げにシャンソンとは美しい音楽の中に込められた
詩の中身が、時として驚くほど硬派なのだ。

そして“巴里祭”の日である。日本ではパリ祭というと、フランス革
命のイメージがあるがこれは微妙に誤解で、正しくは翌年(1790年)に
ルイ16世が憲法の忠誠を誓った“連盟祭”がパリ祭と呼ばれているが
これがフランスの建国記念日である。

明治の頃に萌芽した西欧信仰の柱の一つが、パリ祭なるものかもしれ
ない。そしてパリ祭と呼んでいるのは日本だけのようだ。

《フランスのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック