ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 邂話§尾瀬夏逍遥[1]鳩待峠から山ノ鼻

<<   作成日時 : 2018/07/16 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

朝8時前に我が家を出発、関越自動車道をひたすら走って2時間半ち
ょっと、尾瀬の群馬側玄関である片品村戸倉に着いたのは10時半過ぎ
だった。200kmを3時間足らずとは何とも楽ちんなドライブである。

↓戸倉のバス発着所には立派な“尾瀬登山口”が
画像

戸倉では、バス発着所近くの知り合いのお宅に車を置かせてもらい、
バスに乗って鳩待峠へ。そこからは徒歩で尾瀬ヶ原へ向かう。写真の
とおりで北上すれば大清水、左が鳩待峠方面である。運賃は980円。

↓この日はバスに乗って左へ向かう
画像

画像

鳩待峠に向かう30分ほどの間に雨が降り出してしまった。峠の休憩所
で、おにぎり2個の昼食をそそくさと済ませ、傘を差して鳩待峠から
山ノ鼻に向かって下り始めた。鳩待峠の標高は1591mである。

↓鳩待峠から左側に至仏山が現れてくる
画像

画像

↓川上川を越えるのだ
画像

平坦な道を1時間ほど。木の間越しに左手上方の至仏山を眺めつつ、
川上川の橋を渡れば山ノ鼻に到着だ。何とか雨も上がってくれた。

前回2015年秋の時は、下田代と中田代までしか歩けなかった。だから
山ノ鼻&上田代はおよそ40年ぶりのことである。そして、3年ぶりと
なる尾瀬ヶ原に足を踏み入れて振り返ってみれば、頂上付近がガスに
覆われた至仏山の全容が見えてきたのだった。

↓標高1400mの上田代山ノ鼻に着いたが天気は芳しくない
画像

画像

                            [続く]

《尾瀬のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
邂話§尾瀬夏逍遥[1]鳩待峠から山ノ鼻 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる