ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 邂話§尾瀬夏逍遥[2]尾瀬ヶ原〜上〜

<<   作成日時 : 2018/07/17 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

今回、7月前半に上がろうと思ったのは、ニッコウキスゲを見るため
だった。大学時代に山小屋でアルバイトしていた時、7月前半は夏休
み前で、7月20日頃に上がった時はニッコウキスゲのシーズンは終わ
っていたのである。なので、何とかニッコウキスゲの群落を目にして
おきたかったのだ。一つのブランクを埋める作業でもある。

というわけで山ノ鼻から尾瀬ヶ原上田代に歩を進めた……ないのだ。
ニッコウキスゲの黄色い花がほとんど咲いていないのだ。下の写真は
まだ密生しているレベルで、湿原はほとんど緑のじゅうたんなのだ。

画像

画像

色々な情報を見聞きしていて、尾瀬ヶ原のニッコウキスゲが激減して
いると知ってはいたが、実際に目の当たりにした時のショックは小さ
からぬものがあって言葉を失ってしまった。

↓これが尾瀬ヶ原の実情に近い
画像

鹿が花の芽を散々に食べ荒らしたからだとか、温暖化の影響だとか、
様々な説があるようだが、とにかく尾瀬ヶ原にニッコウキスゲはちら
ほらとしか咲いていなかったのは紛れもな事実である。

尾瀬ヶ原と再会できたうれしさと、ニッコウキスゲがないという落胆
とがないまぜになって、ちょっと複雑な気分で上田代を東へと歩みを
進める我が身かな。

↓牛首の奥には薄っすらと燧ヶ岳が
画像

そして眼の前には、西側から久々に眺めるこんもりとした牛首の姿が
近づいてきて、自分が今尾瀬にいるということを実感するのである。
                            [続く]

《尾瀬のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
邂話§尾瀬夏逍遥[2]尾瀬ヶ原〜上〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる