ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 心話§尾瀬に初めて行きしこと[上]

<<   作成日時 : 2018/08/09 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

初めて尾瀬を歩いたのは1968年8月のことだったから、ちょうど50年
前である。中学2年の夏休みに同級生と、山登りが好きだった理科の
教師が同行してくれた。

両毛線と上越線を乗り継いで真夜中の沼田駅に降り立ち、バスで戸倉
に向かった。どのようなコースを歩くか、前もって決めていなかった
節があって、けっこう行き当たりばったりだったのだ。

戸倉から鳩待峠に向かったのだが、当時は定期路線バスが走ってはい
なかったので、何やら乗り合いの車に乗って行ったと記憶している。

明けかかった鳩待峠からは、今回とほとんど同じコースを歩いたこと
になる。山ノ鼻で尾瀬ヶ原に立ちはしたが、8月半ばの湿原に花の類
はほとんど見かけることなく、あとは坦々と下田代まで木道を歩き、
初日は十字路正面の弥四郎小屋に泊まった。

部屋は尾瀬ヶ原に面した一番に眺めのよかった部屋で、夕方になると
尾瀬ヶ原で発生した霧が押し寄せてきて、窓から部屋に入ってくる様
子に驚いたりした記憶が鮮明に残っている。

徹夜同然で鳩待峠から尾瀬ヶ原を端から端まで歩いてきたものだから
風呂に入って夕食を食べた後は、さっさと布団に潜り込んで、あっと
いう間に爆睡したのだった。
                            [続く]

《尾瀬のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
心話§尾瀬に初めて行きしこと[上] ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる