ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー340号発売中!

<<   作成日時 : 2018/08/01 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー340号は8月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。サヘル・ローズが表紙。

画像

表紙&スペシャルインタビュー サヘル・ローズ

リレーインタビュー 名久井直子(デザイナー)

特集 難民を知る

地震、水害、台風など、災害大国の日本。たとえば“避難生活の過酷さ”を通して、誰もが“難民の生活状況”を想像することができる。

世界では長期化する紛争や迫害により、過去最高の6800万人の人が難民となっている。国際ホームレスだとも言える彼ら。日本への避難者も増加し、昨年難民認定を申請した人は1万9千人を超えた。ところが、他の先進国の難民受け入れが毎年数万から数十万人あるのに対し、日本は毎年20人前後。あまりにもわずかだ。一般市民へのアンケート調査でも「治安が悪化する」などの誤解から、賛成は24%に留まっている。

そこで、日本で暮らす難民の人々が置かれている状況や、その支援活動について、NPO法人「難民支援協会」の石川えりさん、ラジオ番組「難民ナウ!」の宗田勝也さん、弁護士の駒井知会さんに話を聞いた。

いま改めて、難民の人々の状況と問題を知り、ともに語り合い、多様性のある元気な社会をつくりたい。


[国際記事]
収益は全額寄付! 北欧最大の野外音楽フェス「ロスキレ」

使うのは一度きり、残るのは永遠
             海に浮かぶ大量のプラスチックごみ



ワンダフルライフ“流しの洋裁人”
              ミシンを踏む姿を見せたい 原田陽子

原発ウォッチ! 米国が削減を要求。
核兵器に転用可能なプルトニウム日本は47トン、原爆6000個分を保有

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
                 人類が性差意識から脱却する時

雨宮処凛の活動日誌
        死刑執行から、改めて「オウム的」なものを考える

枝元なほみの悩みに効く料理 上京した友人から連絡こず
                ☆アジの干物と丸干しの素揚げ☆

今月の人 ドイツ『ヘンペルス』販売者 ユーゲン・ベッカー
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
告話§ビッグイシュー340号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる