顧話§今日の歴史~第1回は大赤字~

1876年8月13日、第1回バイロイト音楽祭開幕。

タイムマシーンがあればなあと思うことしばし……歴史オタクならず
とも、歴史探索をしたくなることは珍しくない。

例えば1876年に第1回の幕を開けたバイロイト音楽祭なども、その様
子がどのようなものだったか、覗いてみたいと思わせるものはある。

だが、ちょっと待てと立ち止まって考えてしまうのは、当時の様々な
生活環境だったりする。まじめな話をすると、祝祭劇場の客席空間は
相当に“臭かった”に違いない。

当時の記録には、宿泊施設を探すのも一苦労だったとあるし、苦労し
て取った宿屋だって、風呂が付いていたものかどうか、ちょっと考え
にくく、夏場のこととて、まさに“修業の場”だったと言えそうだ。

そして当時の歌手やオーケストラの水準がどれほどのものだったか、
今のようにしっかりと統率がとれていて緻密な演奏が展開されたとは
思えない。そんなものだろうと相当に割り引いて聴くことになったと
想像ができる。

ミーハー的な興味としては、第1回の観客の中に、リスト、ブルック
ナー、チャイコフスキーといった作曲家がいたこと。そしてもちろん
“あの”ルードヴィヒⅡ世も臨席していたことを忘れてはならない。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック