興話§一日一句~ブレンナー峠~

季語は・・・涼し

いと涼し ゲーテ辿りし 峠道

インスブルックからイタリア国境のブレンナー峠まで、電車に乗れば
一時間足らずである。

ゲーテが「我もまたアルカディアに!」と、チェコ領カールスバート
から逐電したのは9月3日の早朝。行動は素早くレーゲンスブルク、
ミュンヘンからインスブルックを経てブレンナー峠に着いたのは9月
8日のこと。500km近くを馬車に乗って5日間で走破したのだった。

相当に気が急いていたのか、追手が気になったのか……それにしても
馬車で一日100kmとは、疲れも如何ばかりだったかと想像。

“別におもしろい場所とか、そんなところではないですよ”と言われ
たが、北ヨーロッパの人間が抱く、イタリアへの憧憬のようなものが
どのようなものかを、少しでも感じられたらと考えてブレンナー峠を
訪問してみる。

【去年の今日】蘭話§旅はなお[38]落穂拾いの食事情(下)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック