継話§大雨時行~七十二候~大暑

大暑の末候“大雨時行(たいうときどきにふる)”である。

8月の長期予報を見ると、気温高めで降水量もそこそこあるようだ。
要するに高温多湿そのまんまである。

日中の暑さが厳しくても、午後から夕方にかけて、ザーっと30分から
1時間でも夕立が降ってくれれば、夜は快適なのにと思うのだが。

毎日とは言わないけれど、せめて一日おきでいいからとは思えども、
これが意外に降ってはくれず、せいぜい降っても、週に一度か二度の
ような気がする。

それでも降らないよりもましなのは言うまでもないことではあるが、
自然の涼風に勝るものはない。大雨時行(たいうときどきにふる)では
なく、毎日必ず降ってくれればと願っているのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック