ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 邂話§尾瀬夏逍遥[15]まとめ

<<   作成日時 : 2018/08/03 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

今回の歩程は下のとおりである。

画像

鳩待峠から尾瀬ヶ原に下り、尾瀬ヶ原を半分横断して龍宮小屋一泊。
翌日はヨッピ吊り橋まで北上し、東電小屋を経由して下田代十字路、
そこから白砂田代、沼尻から尾瀬沼の北岸を歩いて長蔵小屋で一泊。

最終3日目は長蔵小屋から尾瀬沼東岸を三平下へ。そこから三平峠、
岩清水、一ノ瀬を経て大清水まで。歩いたのは、およそ30kmに近い。

前回、3年前は車で檜枝岐まで入り、御池起点にして沼山峠から尾瀬
沼、尾瀬ヶ原、裏燧林道、御池というコース選択をした。前半、沼山
峠から尾瀬沼、尾瀬ヶ原までは楽だったものの、裏燧林道は惨憺たる
想定外の歩程となった。

今回は群馬県側ルートにしてみたが、先々も尾瀬に上がるとするなら
ば、結果的にこのコースを選ぶしかないだろうという結論である。

最初の鳩待峠から尾瀬ヶ原までは下り、尾瀬ヶ原から尾瀬沼までは、
退屈なダラダラ登りだが、ここさえ歩き通せば、尾瀬沼から三平峠へ
の登りはさほどのこともない。それに何より我が家から檜枝岐へは、
5時間のドライブで、これはさすがにきつい。戸倉往復だったら半分
の2時間半でたどり着けるではないか。

先々、体力と膝がもってくれる間は、最低でも年に一度の尾瀬行はし
たいと思っているが、結局最後に残った最も楽なコースをのんびりと
休み休み歩いていくことになりそうだ。

来年の心づもりとしては5月中旬から下旬の水芭蕉の時季に入ってみ
ようと思う。
                             [了]

《尾瀬のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
邂話§尾瀬夏逍遥[15]まとめ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる