漂話§旅は徒然[1]羽田空港国際線

[承前]

というわけで振り出しの8月20日に戻ることにしよう。

2015年の旅行は定年退職直前のことだったから、定年退職以降の旅行
は3回目である。8月20日の昼過ぎにルフトハンザで羽田を発って、
ミュンヘンへ。羽田に戻るのは9月7日と、19日間の旅程である。

羽田までは、前日借りたレンタカーで我が身とスーツケース類を運ぶ
のも今年で4回目。お盆明けの月曜日が、こんなに渋滞するなどとは
つゆ知らず7時過ぎに我が家を出て空港に着いたのは9時半のこと。
とはいえチェックイン時刻は10時5分なのでタイミングは悪くない。

画像

さっさと荷物を預け、機内持ち込み荷物の検査と出国審査を済ませ、
遅い朝食を食べていると、着陸したばかりのルフトハンザのエアバス
350がフィンガーへとタキシングして行くのが見えた。

↓去年12月から羽田路線に就航した新機種
画像

我々が乗るエアバスがこれで、去年12月から羽田とミュンヘン間の運
行を始めている。少し遅れての到着かと思ったが、出発時刻にほとん
影響はなく。13時ちょうどくらいには離陸して、一路ミュンヘンへ。

そして最初のミッションが30分後に待ち構えているのだが……肝腎の
天気は雲が多くて多くて、ほんの少しでもいいから雲が切れてほしい
と願うばかりである。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック