漂話§旅は徒然[3]ミュンヘン空港到着

[承前]

正味11時間のフライトを終えたルフトハンザのエアバスがミュンヘン
空港に着陸したのは、ほぼちょうど17時頃だった。ミュンヘンはまだ
8月20日だが、日本ではまさに日付が変わったタイミングである。

最初の食事と、到着前の食事の間は、ひたすら忍の一字で過ごすしか
なく、出発から6時間も過ぎればさすがに飽き飽きしてきてしまう。

画像

入国審査で何か聞かれたような気はしたが、当然ながら質問の内容な
どすっかり忘れてしまっている。そして預けた荷物が出てくるまでに
30分以上を要したが、荷物が出てくるまでの間は、到着したその足で
レンタカーをピックアップして、オーストリアはリンツの出張先まで
向かうという若いビジネスマンのグループと会話をしたおかげで、気
分は紛れた。同居人は同居人で、アルプスのトレッキング16日間とい
うツアーに参加している女性と話が弾んでいた。

荷物も出てきたところで、変わらぬ税関を通過。エルディンガーのス
ポーツバーがなくなって、すっかり様相が変わってしまった到着フロ
アから空港ホテルにチェックイン。

日付が変われば、レンタカーをピックアップして今回最初の目的地へ
車を走らせるのだ。

とはいえ、口寂しくもある。スポーツバーで白ビールを呑んで到着を
寿ぐ儀式はできなくなってしまってどうしようかと考えていたが……
“エアブロイ”があるではないか!

画像

というわけで軽く1杯で収めた後はスーパーに寄って、部屋で食べる
朝食のサイドのヨーグルトを買ってホテルに戻り、シャワーを浴びて
ベッドに潜り込んだ……日本の自宅を出てから20時間以上が経過して
いた。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック