告話§ビッグイシュー343号発売中!

ビッグイシュー343号は9月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。ウィスット・ポンニミットのイラストが
表紙。

画像

表紙&スペシャルインタビュー マムアンちゃんのウィスット・ポンニミット

リレーインタビュー 高橋 源一郎(小説家)

特集 セルフ・マーケットのはじめ方

人は物を交換するためマーケット(※)を開き、それが町の始まりとなった。開かれた広場や交差点などの路上は町の中心になっていった。

たとえば、英国では今も身近で日常的な居場所としてマーケットはスーパーよりも愛されている。建築家の鈴木美央さんは、日本と英国でマーケットを研究し、自身も埼玉県で「Yanasegawa Market」を主催。「仮設でできるマーケットが高齢化や過疎化など、日本中の課題を解決するのではないか」と語り、3人寄れば誰もが気軽に“セルフ・マーケット”をはじめられると言う。

山梨県には出店者を女性に限定したマルシェがあり、女性のスモールビジネスを応援する「マンマメルカート」がある。和歌山県には楽しく働く大人が集まる“理想の商店街”をつくりだし、若者とまちをつなぐ「Arcade」がある。3つの事例とマーケットのはじめ方の秘訣も紹介したい。

路上を公共空間に変える“セルフ・マーケット”はじめてみませんか。

※市、マルシェとも。日常的な買い物の場をいう。


[国際記事]
監督インタビュー 『判決、ふたつの希望』 
       正義や赦しに向かえば、良心のリレーが歴史を変えた
                     チャン・ジュナン監督

浜矩子の新ストリート・エコノミクス ランドセルと企業採用

枝元なほみの悩みに効く料理
   友達をたくさん作ろうという風潮が疑問☆チキンカツカレー☆

ビッグイシューアイ
        新井紀子さんと考える「AIと生きる近未来社会」

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
                      第三の脳、皮膚感覚

今月の人 ドイツ『ドラウセンズアイター』誌販売者 リンダ
                           [その他]

《ビッグイシューのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック