向話§さよなら六十三歳

60歳が満了したのは、2015年9月17日……あれから丸3年が過ぎた。
当然ながら3歳年を取っているわけだ。明日は64歳の誕生日である。
定年退職してからも丸3年というわけで、まあまあ何とか暮らしてい
けているようなのは何よりか。

先月の旅行前は少しばかり弱気になっていた。旅行する体力に不安を
覚えていたからだった。もっとも一番に大きかった懸念は、片道10時
間以上に及ぶフライトで、それさえ乗り切ってしまえば、現地でやる
べきことは粛々とこなしてはいた。

まあ、何度か書いていることだが、10年前だったら一日に3つくらい
の用事をこなせたのに、今は一つか二つで無理はしないようにと心し
ているのだ。

元々が観光地を目指してあっちこっちと動き回る旅行ではないので、
そもそも最初から無理などはしていないけれど。

ただ、現実的に“旅の終わり”が近づいていることは否定できない。
車を走らせて目的地に向かうような形態の旅行が、あと何年できるも
のかと思うし、車を使わなくなったとして、重いスーツケースを2個
運んで鉄道を乗り継いで……などという旅行も、長いことしていない
から、鉄道旅行に移行してさらに旅行をというのは考えにくい。

というわけで、現地で車の運転を躊躇するようになったら、我が旅も
いよいよ打ち留めということである。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック