継話§蟄虫培戸~七十二候~秋分

秋分の次候“蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ)”である。

さらに秋が深まったと感じる。先週あたり、我が家の周りでも金木犀
の香りが漂っていた。春の沈丁花と秋の金木犀は好対照だが、それぞ
れの季節を表現している。

コオロギの仲間たちはまだまだ活発に自己主張を繰り広げているが、
既に蝉は店じまいが進んでいて、それでも先週の半ば頃まではツクツ
クボウシがぽつりぽつりと鳴いてはメスを探していたようだ。

今週は晴れの日でも蝉の声は聞こえることもなく、静かな日中がよう
やく戻ってきてくれた。

鳴き続けていた真夏の頃は、うるさいと思いつつも、気にしなければ
それなりに過ごしていたけれど、ぱたりと鳴き声が止んだら止んだで
夏が終わったことをしみじみと思い知ることになる。

季節が進めば、一か月後くらいにはコオロギたちの声も静まることだ
ろう。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック