ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 漂話§旅は徒然[24]オスカー・ラインハルト

<<   作成日時 : 2018/10/12 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

山の中に滞在している間、夜まで用事のない日は一日しかないので、
そのタイミングで国境を越えて、スイスはヴィンタートゥアにある、
通称オスカー・ラインハルト美術館“Am Römerholz”に行ってきた。

車で国境を越えるのに、スイスのアウトバーンの通行券を買わねばな
らないのが出費増だったりする。一週間とか一か月とかの選択肢など
なく、40スイスフラン(約5000円)の一年有効券しかないのだから。

というわけで順調だったら2時間ほどのドライブでたどり着くところ
アウトバーンの渋滞のおかげで2時間半を要して到着。しかも高速の
出口を行き過ぎて、リカバリーに10分は余計にかかってしまった。

そして何と!最後は2013年のことで、5年ぶり4回目の訪問である。

画像

佇まいはまったく変わっていないが、門の手前にこんな看板があって
ちょっと商売っ気も感じられた。

画像

拝観料は15スイスフラン(約1800円)と、美術館の入場料としては高い
ほうだと思うが、コレクションの質は高いので、見て後悔することは
ない。

客は身の回りの持ち物すべてを地下のロッカーに入れなくてはならず
当然ながら撮影は禁止されている。おかげでゆっくり見て回れる。

さて、毎度気になっていて、今回も気になった作品は、ゴヤが描いた
『鮭のステーキ3つ』で、それが下の絵だが……

画像

これを見た瞬間、日本の高橋由一が描いたこれを思い浮かべたのだ。

画像

叶わぬことではあるけれど、2つの絵を並べて見ることができたら、
それはおもしろいだろうなと想像もしてみた。

おおよそ一時間、我々以外の客は10人ほどと、静かにゆっくりとした
時間が流れて充実した絵画鑑賞の後は、併設されているカフェで軽い
昼食を楽しんだ。

画像

そういえばコレクションのカタログがなかったと、退出する時にショ
ップで購入。合わせて美術館の建物に関するドキュメント本も購入、
再びオーストリアへと戻ったが、今回のドライブは往復ともに渋滞が
あって、延べ5時間の運転は少しばかり疲れるものとなった。
                            [続く]

《スイスのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
漂話§旅は徒然[24]オスカー・ラインハルト ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる