醒話§寝れる二度寝・・・・・・起きる二度寝

日によってだが、夜明け頃のタイミングでトイレのために目覚める。
時計は見たくはないので何時頃なのかはわからないが、おおよそ4時
から5時あたりかと思われる。季節にもよるが、外はまだまだ暗い。

というわけで、トイレからベッドに戻って二度寝を試みるが、日によ
って眠れたり眠れなかったりがある。

寝つける時のサインは、自分の寝息とか軽いいびきが聞こえること。
聞こえる一回目か二回目は気がつくが、その次あたりには寝入ってし
まうのだ。

だが、3日に一日とか、どうにも寝られないこともある。横になって
じっと静かに眠ろうと努めるのだが、30分くらいしてもだめな時はだ
めで、結局は起き出してしまう。そんな時は自分の中で「睡眠時間が
十分だからだろう」と考えることにして、潔くパソコンを立ち上げ、
朝のお勤めを始めるのである。

そうだったからといって寝不足でないのはもちろんで、だから昼間も
眠くなるようなことなどはない。

ただ残念なのは、外がまだ薄暗いからもう少し寝れる(ら抜き)だろう
と期待して、それが叶わなかったことが、いささかなりと自分の中で
わだかまりとして残ることである。

《健康のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック