漂話§旅は徒然[25]軽く散歩してみると

[承前]

雨模様だったり、暑すぎたり、億劫がったりで、ホテル周囲の散歩を
サボっていたが、10日間の滞在も終わりに近づいた頃の夕方、ホテル
の裏に広がる牧草地を少しだけ散歩した。

画像

旅行も2週間が過ぎて、当然ながら日本恋しの情が募ってきている。
あれこれ工夫をして、少しでもそうした気分を後送りしようとはして
いるが、さすがに2週間である。

持参したフリーズドライの日本食も残り少なく、これらがあるおかげ
で、どれほど精神の安定に繋がっていることかと、もう感謝感謝でし
かない。

散歩しながら話すことといえば、日本に帰ったらという割合が増えて
きて……ヨーロッパの風情やどこへやらなのだ。

それでも散歩しながらの風景には、いくばくかだが癒されもして、散
歩路傍には、下のようなミニ野外図書館が設えられているのを見つけ
置かれた本を手に取って読む人がいるのだなとか、雨風は大丈夫なの
だろうかと、それはそれ話の接ぎ穂となってくれる。

画像

散歩をしたおかげだろうか、少しばかり空腹を覚えた。ホテルに戻っ
てビールを呑みつつ夕食にしようか。日付が変わればチェックアウト
してミュンヘンへと車を走らせる。滞在最終日の夜が近づいてきた。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック