告話§ビッグイシュー345号発売中!

ビッグイシュー345号は10月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。ボブ・ディランが表紙。

画像

表紙&スペシャルインタビュー スペシャル企画:ボブ・ディラン

スペシャルインタビュー[2] 浜矩子(経済学者)

リレーインタビュー 南伸坊(イラストレーター)

特集 みんなで使おう!「遊休公共スペース」

いま、「遊休公共スペース」が増えている。しかも、約1700ある日本の市町村のうち1300は破綻状態にあるという。一方で、市民や企業による、その活用例も出始めた。たとえば、廃校や公共施設を利用したギャラリーやシェアオフィス、漫画図書館、宿泊施設など。現役の道路、高架下、公園を活用したイベントも行われている。

ウェブサイト「公共R不動産」は、遊休化した公共空間の情報を全国から集め、借りたい、使いたい、買いたい企業や市民とマッチング。メンバーの一人、菊地マリエさんは「公共の遊休不動産をおもしろがって使えるのはセンスのある地元の市民団体や店舗、起業家ではないか」と提案する。そこで、河川敷などで映画鑑賞会を開く「ねぶくろシネマ」、高架下の空間をオープンスペースにし、夜にはナイトマーケットになる「下北沢ケージ」の試みを取材した。

あなたも仲間を集め「遊休公共スペース」を使ってみませんか。


[国際記事]
高齢者に外国語教育!? 認知症の進行を遅らせる
          社会的企業「リンゴ・フラミンゴ」の挑戦


被災地から 「いまどうしてる?」「元気だった」
              福島県、浪江町の小学校校歌を歌う会

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理 
          ホームレス状態の人にできることありますか?
                 ☆ツナサラダの冷やし中華風☆

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
                     宇宙が4次元であれば

今月の人
    スウェーデン『ファクトゥム』誌販売者フロリン&トゥドラ
                           [その他]

《ビッグイシューのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック