ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 漂話§旅は徒然[17]アポロとダフネ

<<   作成日時 : 2018/10/03 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

インスブルック滞在も最終日……日付が変われば移動日である。

画像

最終日は20時開演、古楽祭の野外オペラでフランチェスコ・カヴァッ
リが1640年に作曲した『アポロとダフネ』が上演される。だが天気が
芳しくない。

↓グーグルマップから拝借した野外オペラ会場
画像

ホテルを少し早めに出ると、会場となるインスブルック大学神学部
古い建物の中庭に向かった。空は今にも泣き出しそうだが、雨は落ち
てきてはいない。

会場入口に係員の女性が一人立っていて聞けば、野外公演は中止、向
かい奥のモダンな建物のホールで行われると教えられた。

開演まで時間があったので、ホール手前の“学食”で軽く腹ごしらえ
をする。

でまあ、野外公演で観たかったというのが正直な感想で、いくつかの
舞台写真の雰囲気と屋内のステージとでは雲泥の差があったと想像で
きてしまう。

演出は現代的なもので、ダフネが病院のベッドで寝ているという設定
に始まるが、そうなると何せ初めて観る演目なので、基本的なストー
リーを把握している程度では、歯が立たないのも無理からぬこと。

一人として名前を知らない歌手陣だったが、よく歌うし、よく動くし
その点は楽しめたが残念ながらそこ止まりに終わった。

終演後、オケピットのメンバーがアンコールにと、ノリのいいジャズ
っぽい音楽を演奏したのだが、この日一番に印象に残ったシーンで、
何となくほっこりと会場を後に。人気の少ない夜の通りをホテルへと
戻ったのである。
                            [続く]

《クラシックのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
漂話§旅は徒然[17]アポロとダフネ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる