告話§ビッグイシュー346号発売中!

ビッグイシュー346号は11月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。米や野菜が表紙。

画像

表紙 米や野菜

スペシャルインタビュー
          スペシャル企画:追悼 アレサ・フランクリン

リレーインタビュー 伊野孝行(イラストレーター)

特集 食の原点2―歴史を変えた米や野菜たち

“草”は、もともと“木”だった。600万年前、大陸移動による気候変動は森を草原に変え“木”は“草”に進化した。

「人間は飢えないために農業を始め、植物は種を広げるために生きている」と稲垣栄洋さん(植物学者)は言う。たとえば、イネ科の植物であるコムギやコメは動物の食害から身を守るため「葉」を硬くし、人間はその戦略を超え「種子」を栽培して食べてきた。コメは日本人を狭い国土で養ってきた。

一方、ヨーロッパでは16世紀、南米から伝わったジャガイモが歴史を変えた。“悪魔の植物”といわれたジャガイモを、フランスやドイツ、英国ではその栽培を奨めた。そして人口は増え、産業革命を支えたという。

植物がどのように「世界史を動かしたのか?」を稲垣さんに聞いた。枝元なほみさん(料理研究家)のキッチンからはコメや野菜の料理が届いた。深まる秋、私たちの食卓にのぼるコメや野菜たちの辿ってきた歴史を思い、食を楽しみたい。


[国際記事]
児童虐待、ホームレスになる確率が26倍に。
        「私は、自分の過去を隠さないことに決めた」


滝田明日香のケニア便り パイロット免許取得し、飛行機も購入!
        “ヌーの大移動”の密猟シーズン、追跡犬が大活躍

ワンダフルライフ 在野で有島武郎の研究、午前中はアルバイト
                           荒木優太

原発ウォッチ 除染で発生した汚染土壌2200万㎥

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
             ベーシックインカムに関する三つの疑問

雨宮処凛の活動日誌 相当に「ゆるい」街の再開発反対デモ

枝元なほみの悩みに効く料理 
            マイナス思考の母と話をするのがしんどい
          ☆小エビのわさびマヨあえ&イカの明太あえ☆

今月の人 英国『ビッグイシュー・ノース』販売者 アンディ
                           [その他]

《ビッグイシューのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック