走話§3ナンバーと5ナンバーの理不尽

まずは5ナンバー自動車の定義付けからしておくと……ボディサイズ
は、全長4700mm、全幅1700mm、全高2000mmが最大寸法で、エンジン排
気量は2000ccまでの自動車を5ナンバーとしている。

今乗っている車は全幅1695mm、1100ccなので5ナンバーだが、その前
に乗っていたのは、ぎりぎり2000ccに満たなかったけれど、車の全幅
が1700mmを超えていたので3ナンバーなのだった。

そして今乗っているのは同じ車種の中で一番に安い車だが、これより
上級車種になると車幅が1700mmを超えてしまうので、排気量は同じで
も3ナンバー扱いになるのだ。

そのあたりが何とも理不尽な気がしてならない。同じ車種でも車幅が
5mm広がるだけで安全面でも向上するというのだが、どうだろうか。
それこそ1695mmの中でも同等に近いレベルまでできると思うのだが。

ちなみに、毎年納めている税額は¥34,500で、前の車より5000円安く
なってくれた。

それにしてもと思うのは、いわゆるコンパクトカーと呼ばれる車が、
車幅が広いばかりに、排気量が1500cc程度でも3ナンバー扱いにされ
てしまうことで、あれこれ考えてはみても何とも釈然としない区分の
やり方ではないだろうか。

《ドライブのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック