顧話§今日の歴史~ABO式血液型発表~

1901年11月14日、血液型はA型、B型、C型の3つ。

オーストリア・ハンガリー帝国出身のカール・ラントシュタイナーが
AB型以外のA型、B型、C型――C型は後にO型と改称――と3種
の血液型があることを発見、1901年のこの日に論文を発表したのだ。

その後、1930年にこの発見に対してノーベル生理学・医学賞を受賞。
さらにウィーン大学在職中にはポリオウイルスを発見した。

つまり、安全な輸血のための手がかりが発見されたのは20世紀に入っ
てすぐのことで、血液型が存在していると知られていなかった19世紀
以前の輸血行為はリスクを伴うものだと見做されていたようである。

そしてこの、血液型発見以降の輸血医療進歩は言わずもがなのこと。

付記:なお“血液型性格診断”は一切信じておりませんので為念。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック