ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜話§山形交響楽団『天地創造』の旅[帰]

<<   作成日時 : 2018/11/26 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

一泊の旅行で2度おいしい……そんな夜が明けてしまった。相変わら
ず枕が変わると寝付きが悪く、眠っていたのか眼が覚めていたのかが
わからない睡眠だったが、何となく7時過ぎまでベッドの中にいた。

身繕いをして8時にはチェックアウト。お名残りに山形市内中心部と
14世紀に築城が始まった霞城(かじょう)跡の今の様子など。

画像

画像

山形土産としては、演奏会場の山形テルサで山形交響楽団のメンバー
も参加して作った棚田米を1パック。あと駅ナカの土産物ショップで
芋煮あれこれを買い求めたが“これ!”と呼べる土産に出会うことは
なかった。

画像

画像

最後、コーヒーショップでコーヒーと糖分補給の朝食を軽く済ませ、
9時3分発のつばさ132号に乗車、帰路に就く。

画像

画像

新幹線のホームから山形テルサに別れを告げ、つばさは一路東京へ。
途中、朝日連峰と思しき山群や、福島駅付近からは吾妻連峰を遠望、
日本東北部の山容を堪能した旅でもあったのである。

↓右隅の雪を被ったあたりが朝日連峰か
画像

↓そして吾妻小富士も中央にくっきりと
画像

王子駅を過ぎて飛鳥山公園に差し掛かったら、何ともかわいい“飛鳥
山公園モノレール”の姿も見えたりしつつ、ほぼ定刻の11時50分頃に
東京駅へと滑り込み、山響『天地創造』一泊の旅が無事に終わった。

画像

↓月曜日昼前、東京駅新幹線ホームの雑踏
画像

                             [了]

《クラシックのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
桜話§山形交響楽団『天地創造』の旅[帰] ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる