顧話§今日の歴史~ユは大きいのだ~

1919年11月30日、キユーピー創業。

画像

1919年に創業したキユーピーだが、マヨネーズを発売したのは1925年
のことだった。開発に6年もかかったのは、いかなる事情があったも
のか。

おかげで、我々はマヨネーズの存在をありがたいものとして捉えてい
る。なぜか初めて口にしたのは、ずいぶん後になった小学校5年の時
の家庭科の料理実習だった。茹で卵の黄身とマヨネーズを混ぜ合わせ
刻んだ白身とサンドイッチに挟む……本当に簡単な料理だったが、そ
れ以来半世紀以上お世話になっている。

マヨラーというほどの執着はないが、生野菜サラダには欠かせない。
ポテトサラダも、マヨネーズを使ったもののほうがずうっとうまいと
思う。ドイツあたりのサワークリームらしきものを使ったポテトサラ
ダは物足りない。

“ユ”の字が捨て仮名でなく大きいのは、デザイン上のことだとは、
会社の言葉である。同様なものとして、シヤチハタ、富士フイルム、
キヤノンなどがある。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック