師話§2018年12月のあれこれ

東京の日の出と日没時刻は、一昨日アップしておいたので省略する。

さすがに押し詰まったこともあって、今月はほとんどお出かけをする
予定がない。

演奏会は一回だけ。年に一度、今年が4回目となる鶴クァルテット
コンサートで、今年はシベリウスとベートーヴェンのラズモフスキー
第1番。オーケストラとの片手間であることは承知しつつ、質の高い
演奏を期待するものである。というわけで、12月の歌舞伎座はなし。

画像

あとは、家庭内での年末仕事あれこれで、まずは年賀状の作成に始ま
り、どん詰まりが近づいてきたところで煤払いと床のワックス掛けを
メインにした大掃除をやらなくてはならない。あまり無理はしないよ
うにと思ってはいても、こればかりはというお約束なのである。

大掃除の翌日には、恒例の年末年始食材の買い出しに行く。買い出し
の後は、これも恒例の“夫婦天麩羅忘年会”をしなくてはならない。

毎年、そんなあたりがお決まりの年末コースで、とにもかくにも、こ
れくらいは最低限やらなくては年を越せないと……昭和世代は律義に
思っているわけである。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック