過話§備忘録的な何か~2018年12月25日付~

12月11日……この日、府中アメダスの最低気温が-0.7度を記録した。
この冬初めての氷点下である。

ちょうど朝6時に起きたのだが、その時の外気温はちょうど2度で、
駐車場の車の屋根は真っ白な霜で覆われていた。12月も中旬に入った
ところで、ようやく“冬”の寒さがやって来たのだ。

日の出時刻は6時40分なので、起き出した6時の世間は真っ暗だが、
20分ほどの間に薄っすらと明るさが広がっていく様子をリアルタイム
で眺めていた。

そうして、この日までの日没時刻は最も早い16時28分だったが、12日
は16時29分と遅くなるほうに転じ、南下した太陽は、夏至に向かって
淡々と北上に転じようとしている。

何度か書いていることだが、春への兆しは年が明ける20日ほど前から
既に始まっている事実を、世間はどれほど認識しているのだろうか。

朝のパソコン作業をするのに、これまでそれほど必要を感じなかった
足元ヒーターだが、この日は最初から使い始めることになったのだ。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック