継話§麋角解~七十二候~冬至

冬至の次候“麋角解(さわしかのつのおちる)”である。

定年した年の年末年始までは12月28日から1月4日の8日間を、短い
日記風にまとめていたが、2016年からは“どうせ似たようなもの”と
やめることにして“備忘録的なるもの”に年末編と年始編の2回で、
さらに簡単に書くことになった。

この年末年始も、去年と同じ体裁で綴ることにしているが、要するに
前の年の何日に何をやったのか、参考のために記録するのである。

特に年末のほう……大掃除、大買い出し、小買い出しなどがいつ行わ
れたのか、それを記録しておけばスケジュールを組み立てやすい。そ
れだけのことなのだが。

さて、冬至の次候で今年の七十二候はおしまい。次の候は年明け元旦
のことになる。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック