過話§備忘録的な何か~2019年1月7日付~

[承前]

代わり映えしない年末年始の年始編である。

1月1日……6時前に眼が覚めた。世間は真っ暗であるが、6時半頃
から白々と明るくなって、元旦も晴れである。居間から初日の出が見
えるはずと7時前に見に行ったが、ちょうど雲に覆われて見えず。

朝はいつもと変わらずのバナナミルクとコーヒーで。その後10時半頃
から夫婦の元旦。おせちをつまみつつ350ml缶一本と、日本酒少々。

↓李白しぼりたて生原酒限定うまい!
画像

合間に、群馬が舞台の実業団ニューイヤー駅伝の中継を眺める。結果
は旭化成が二連覇。平成最初の年と最後の年の優勝チームとなった。

初詣は3日にと決めているので、1日と2日はお籠りの2日間なり。
夜はウィーンフィルのニューイヤーコンサートを見散らかし、この日
も22時前の就寝。

1月2日……この日も5時半過ぎの起床。まだ日の出前で外は暗く、
外気温も2度ほど。

この日はスポーツ盛りだくさん。朝8時には、箱根駅伝往路がスター
トしたし、昼過ぎには大学ラグビー準決勝が秩父宮ラグビー場で行わ
れた。

箱根往路は、東洋大学が制した。5連覇を目指す青山学院は5分30秒
ほど出遅れの6位。

大学ラグビーの第一試合は明治が4点差で早稲田を振り切った。第二
試合は何と意外なことに、天理が10連覇を目指していた帝京に圧勝。

1月3日……あっという間に三が日も最終日となり、箱根駅伝復路は
といえば、東海大学が逃げ切って大手町にゴール。初優勝となった。
青山学院は猛追して復路優勝したものの総合2位。前日のラグビーの
帝京と駅伝の青学と連覇を続けていた強豪が敗退する新年になった。
いずれも乱立して混沌とした時代に入るのだろうか。

駅伝中継が終わった14時過ぎ、重い腰を上げて初詣に出かけた。まず
は地元の小さな氏神様に詣で、さらに一山越えて一番大きい神社に詣
でた。15分ほど並んで参拝完了。帰りがけに買い物も済ませて16時前
に帰宅。

夜は今年初の鍋をつついて22時前に就寝。三が日が終わる。

1月4日……6時過ぎ起床。世間は仕事始めの企業も多そうで、今年
初の平日で、東証株価は去年最後の相場から最大700円超下落した。

この日は、お休肝日とした。年末28日に休肝して以来6日間呑み続け
て、正月三が日も終わったところで一休み。2週目からはいつもどお
り週3日を励行するのだ。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック